ペコト 地元の生活にもっとワクワクを。 | 株式会社ペコト

このページのリンクをコピーする

一眼レフを全部売ってミラーレスにしたたった2つの理由と、譲れなかった3つのこだわり

トモ トモ

アガノです。

ずっと使ってたキャノンの一眼レフをやめて、ソニーのミラーレスになりました。

約18年前に一眼レフカメラのEOSkissを買ってから、ずっとキャノンでした。(なぜキャノンを買ったのかは覚えてない。)

思い起こせばカープの菊池選手、インスタの女神と呼ばれるわたなべ麻衣さん、ハロプロのアンジュルム等々、お仕事でいろんな方の写真を撮ってきたカメラ。そんなカメラと一緒にレンズ、周辺機器など全部手放しました。(CFカードは怖いから手元で保存中)

α7にした2つの理由

ひとつ 動画撮るのが面白くなってきて買ったキャノンのミラーレス。でも、一眼レフとミラーレスを2つ持ち歩くの不便だから一つにまとめたい。

ふたつ まわりの人たちがソニーすげーって言ってる。

ながれ

フルサイズ機で動画を撮りたいと思った。

動画でのピントスピード(フォーカス速度)に難を感じる

知り合うLIGのスタッフがほとんどα7を使ってた。

カメラといえばキャノンorニコン。ソニーなんてカメラメーカーじゃないでしょ?

ニコンのイメージセンサーをソニーがつくってることを知る

ソニーに対する考えがひっくり返る

買う

買った



買ったのがこれ。


ソニーのα7には、「無印」と「R」と「S」の3種類あって、無印はノーマルタイプ。Rは高解像度タイプ。Sは高感度タイプ。

僕は、手の出しやすい価格だったα7II(ノーマルタイプ)をチョイス。


レンズは、とりあえず、ペコマガの取材で使う凡庸性のある広角レンズのこれ。

譲れなかった3つのポイント

ひとつ 仕事で使える?

ふたつ スタジオでストロボ撮影とか大丈夫?

みっつ フルサイズであること

▼ひとつ
カメラに対する情報弱者。 ミラーレスって一眼レフの劣化版だと思ってたから、解像度とか、マニュアル撮影の有無とか、そういう部分が不安でした。 調べてみると、解像度は使ってたキャノンのフルサイズ一眼レフカメラとほぼ一緒。 マニュアル撮影ももちろんできる。 なんか、ほんと、ミラーレスに「今まで上から目線でごめんなさい」って言いたくなりました。 これからは下手にいこうと思います。


▼ふたつ
スタジオというとかっこいいけど、事務所です。 事務所内でストロボ使った撮影するときに、カメラにさすシンクロケーブルとか、カメラ上部につけるリモコンとか、そういうのが対応してるのか不安でした。 だって、一眼レフの劣化版のミラーレスだから。 でも、全然大丈夫でした。 ほんと、ミラーレスに「今まで上から目線でごめんなさい」って言いたくなりました。 これからは下手にいこうと思います。 ちなみに、使ってるストロボはモノブロックタイプのものです。 アガイ商事さんで買いましたが、アマゾンでも買えるんですねー。


▼みっつ
そのまんまですが、フルサイズです。 標準レンズの50mmが50mmで撮れないし、18mmの広角レンズがそこまで広角じゃなくなるし。 やっぱりフルサイズがいい。 フルサイズ以外考えられない。 ミラーレスでフルサイズってα7だけでしょ? てきな感じです。

買って感じたこと

ぶっちゃけ、めちゃめちゃカメラが好き!っていう訳でもないので、普通にいつも通り写真撮れてます。
これ言うの3回目だけど、なんか、ほんと、ミラーレスに「今まで上から目線でごめんなさい」って言いたくなりました。 これからは下手にいこうと思います。

ほんと買ってよかったって思ってます。

このページのリンクをコピーする